硫酸技術   by T.Ono
 良くある質問(FAQ)−2
 
プロセス設計
  • コークス炉ガスの脱硫で、硫黄スラッジが出てきますが、これを硫酸にする方法は?
    重油等の燃料を助燃する焙焼炉で燃やし、SO2とし、以降は硫酸製造設備で硫酸とします。→PFD-5を参照ください。
  • 廃硫酸回収」とは具体的にはどういうことをするのですか?
    廃硫酸中の不純物が少なく、濃度が薄いだけの場合は多段真空蒸発缶で濃縮します。
    但し、硫酸濃度は92%程度が上限です。
    有機物などの不純物が多い場合は、重油などを燃焼する分解炉中にて廃硫酸を熱分解し、SO2を製造し、以降は硫酸製造設備で硫酸とします。→PFD-5を参照ください。
  • 石膏から硫酸とセメントを作る」プロセスについて?
    ロータリーキルンにて、石膏と粘土、硅砂を焙焼してSO2ガスとセメントクリンカーを得ます。 SO2ガスはその後硫酸になり、セメントクリンカーはセメント原料になります。
    石膏を原料とする硫酸設備は、かっては旧共産圏に有りましたが現在稼働しているかどうか? 定かではありません。
  • ガス量を増やして生産量を上げる場合、設備の更新が最小限で済む限度はどの位ですか?
    ガス量を増やす場合、ブロワー(SO2ブロワー又は燃焼空気ブロワー)の能力が問題です。 ブロワーの能力の余裕はいかほどか調査してください。
    近年は、このブロワーの余裕はせいぜい5%です。 この位の風量増加であれば、塔やガス熱交換器なども設計値からの余裕の範囲なので、投資としては触媒量の増加程度で済むと思われます。
    それ以上に増やしたい場合は、検討するべき項目が多岐にわたることになります。 当サイトの「増強・改造」に記述してありますので参考にしてください。
  • ガス精製設備を伴う硫酸設備において、SO2濃度の下限は?
    SO2濃度が低い=イナートガスが多い為転化器での酸化熱で自分を反応温度まで昇温することが困難になります。
    正確には計算する必要がありますが、4%以下では常時熱補給する外部熱源が必要になりますので不経済です。
  • 濃硫酸から70%希硫酸を作る希釈装置を計画しています。 注意事項?
    本サイトの「各種硫酸製造法」「希硫酸」を参照してください。
    特に、下記に中止いてください。
    1)スタティックミキサーでの混合が完了するよう、混合部分長さに注意のこと
    2)希釈後の到達酸温度を計算して、沸騰の恐れがあるときは2段希釈とすること
  • 途上国で過リン酸石灰の原料としてパイライトから硫酸製造を計画しています。10,000トン/年のプラントの設備費は?
    パイライトは、副生焼鉱の処理が面倒(販売先が必要)、粉塵やガス精製系からの排水による環境問題の恐れがある等の問題があり、現在ではよほどの経済性がなければ採用されません。→「硫酸概論ー2」参照
    10,000トン/年の生産量も、小さすぎます。 硫酸設備のコストは、生産高の0.7乗とみていいので、規模の小さいものほど高額となってしまい、引き合いません。 この程度であれば、購入されたほうがよろしいと思います。
  • 希硫酸を冶金炉の冷却用に使用しています。 SO3の熱分解速度を教えてください。
    文献的にどのようなものがあるのかは知りませんが、廃硫酸の回収炉では、重油の燃焼炉中に廃硫酸を噴霧して分解しています。 炉内の滞留時間は2秒程度でしょうから、硫酸がSO3に、更にSO3がSO2に分解する速度は極めて早いと思われます。
    SO2 + 1/2O2 → SO3
    SO3 + H2O → H2SO4
    の反応は両方とも発熱反応です。 ということは、平衡上高温ほど分解は進むと考えてよろしいのではないでしょうか。
  • プロセスガス中のNOxを除去する方法は?
    NOxは硫酸によく溶けますので、プロセス中での除去は困難です。 製品中では硝酸根になっていますので、ヒドラジンのような還元剤を加えて分解するのが実際的です。 この方法は、精製硫酸など高純度を要する硫酸で実用化されています。 →「各種硫酸製造法-2
硫黄関連
  • 硫黄タンクのスラッジ掃除を請け負いました。 注意事項を教えてください。
    硫黄は、一旦固結してしまいますと大変固く、削岩機などが必要になります。 まだ溶融状態の時に水を散布して「粟おこし状」にしてから取り掛かるという方法もやってみましたが、底の方はやはり削岩機が必要です。
    火花などで着火の危険がありますが、水で簡単に消せますので、作業中はバケツなどで水を確保しておきます。
  • 溶融硫黄用のポンプメーカー及び流量計メーカーを教えてください。
    「設備新設」の「硫黄ポンプ」及び「計装機器」を参照ください。
ホーム
概論
製造プロセス
設備新設
増強・改造
機器更新
メンテナンス
運転
各種硫酸製造法
耐食材料
物性データ
計算
安全

プラント建設体験
関連技術
資料

ご質問・お引合い
良くある質問(FAQ)
リンク


ちょっと一言
  関連サイト: パーツトレード
 プロフィール  サイトマップ  プライバシーポリシー  更新履歴 
 リンクフリーです。 内容の転載につきましてはご一報ください。  All rights reserved to Tsunetomi Ono.