硫酸技術   by T.Ono
 物性データ

Enthaly - concentration - temperature relation
データの在処:
技術屋をやっている限り、物性データは必須です。
硫酸を製造している会社にいらっしゃる方なら、既にそれなりのデータのファイルをお持ちでしょう。
又、化学便覧、化学工学便覧、古いですがICT, Perry's handbookなどにも硫酸に関するデータは散在しています。

これらの書籍・文献から、硫酸に関する、比重、融点、沸点、希釈熱・・・といった有用なデータをまとめたものとしては、かっては「硫酸ハンドブック(1977年 硫酸協会発行)」がありましたが絶版となっています。
(最新の情報では、硫酸協会加盟各社の分担で、現在更新作業中とのこと、今年秋には改訂版が世に出る予定だそうです)

現在得られる書籍では、同協会発行の「硫酸手帳」があります。(3年毎に発行、現在2012年度版は1500円)
一応の物性データのほかに、硫酸の規格、安全、硫酸を使用する主要製品の製造プロセスなど有用なデータが記載されていますので、硫酸に関する業務を担当されている方は、購入をお勧めします。
マイ・データブック:
以上に記したような書籍から、必要なときにデータを拾ってきて計算に使用するのも結構ですが、ご自分用に、必要なデータのページをコピーして項目ごとにまとめた、マイ・データブックをこしらえることをお勧めします。
(私も、自分用に、よく使うデータをあちらこちらからコピーしてまとめたデータブックを持っています)

又、オリジナルのデータを、自分が使いやすいように加工して、「マイ・データ」を作ることも仕事の迅速化に貢献します。

1)よく使う濃度・温度範囲を細かく表示する
2)グラフにしておく
3)可能であれば、近似式を作って利用する

例を示してみましょう。

SG01.pdf へのリンク

これは、硫酸の比重表ですが、上の1ページ目はオリジナルのデータ、下の2ページ目はこのデータを98.0%〜99.0%H2SO4、10℃〜60℃の範囲に細かく表示したものです。
実際に比重表を見るときには、オリジナルの濃度や温度にぴったり合うことはまずありえません。 それ故、表を見るときの内挿作業をあらかじめやっておけばいいわけです。

私が必要と考える物性データをまとめてみました。 ご参考まで。
物性値項目
マイ・データブックの公開:
私のまとめたデータブックをこのサイトで公開することも考えましたが、膨大な手間がかかりそうなので取りやめました。 あしからず。

ホーム
概論
製造プロセス
設備新設
増強・改造
機器更新
メンテナンス
運転
各種硫酸製造法
耐食材料
物性データ
計算
安全

プラント建設体験
関連技術

ご質問・お引合い
良くある質問(FAQ)
リンク
  関連サイト:
 プロフィール  サイトマップ  プライバシーポリシー  更新履歴
 リンクフリーです。 内容の転載につきましてはご一報ください。  All rights reserved to Tsunetomi Ono.