硫酸技術   by T.Ono
 関連技術-6

7.肥料
肥料は、多種多様です。
その内でも、いわゆる「化成肥料」と硫酸とは、不可分の関係があります。
「肥料の三要素」ごとに例示してみますと、
窒素: 硫安製造、高度化成製造
燐酸: 過リン酸石灰製造、燐酸製造
カリ: 硫酸カリウム製造

私は、製造工場時代に硫安、高度化成肥料、燐酸は隣の設備でしたのでプロセスは理解できました。 硫酸カリウム製造は一時運転管理スタッフとなりましたし、過リン酸石灰はナイジェリアのFSFC社で硫酸設備と同時に建設いたしました。
肥料は、農業のある限り必須の製品ですが、製造に当たっては、ずいぶんと「経験」に基づく部分が多いものです。 と言いますのは、物性値が不明のものが多いため、化学工学的な解析が困難であるからです。
若いころにこの疑問を先輩にぶつけてみましたところ、「天然物だからなあ」との呟きが返ってきました。
確かに、燐鉱石も塩化カリも天然物であり、成分が微妙に異なると、反応挙動がまるで変ってしまうようです。 燐酸などは、しょっちゅう「原料が変わったからトラブルになった」と騒いでいました。
肥料は、日本ではローテクの代表になってしまっていますが、途上国では大変重要なものです。 それ故肥料のプラント建設は海外では現在も盛んのようです。
→関連技術−7へ
ホーム
概論
製造プロセス
設備新設
増強・改造
機器更新
メンテナンス
運転
各種硫酸製造法
耐食材料
物性データ
計算
安全

プラント建設体験
関連技術 資料

ご質問・お引合い
良くある質問(FAQ)
リンク

ちょっと一言
  関連サイト: パーツトレード
 プロフィール  サイトマップ  プライバシーポリシー  更新履歴
 リンクフリーです。 内容の転載につきましてはご一報ください。  All rights reserved to Tsunetomi Ono.