硫酸技術
English site
 ホーム
 
Sulfuric acid plant: Parit Buntar, Malaysia
ご挨拶:
サラリーマンを40年余。 図らずも「硫酸屋」としてキャリアをスタートし、紆余曲折もありましたが結果的にかなりの時間を硫酸技術にかかわって過ごしました。
ナイジェリアから始まって、マレーシア、中国、タイその他海外にもプラントを作ってまいりました。

硫酸は化学製品としては世界最古であり、かつ生産量は世界最大です。 しかし、この世のありとあらゆる工業製品に使われているにもかかわらず世の人の前に出ることはまれ、まことに地味な製品です。

かっては、「硫酸工業便覧」(1957年)、「硫酸ハンドブック」(1977年)といった立派な技術書が編まれましたが、現在その後を継ぐものは出版されておりません。
(現在、「硫酸ハンドブック」の改訂版が準備中とのことです=来年出版予定?)
インターネットで検索しましても、硫酸技術に関するデータはほとんど掲載されていませんし、ナントカ知恵袋などのQ&Aのページでは、わからない人の質問に、よく知らない人が答え、間違いだらけの答えを並べている。 こんなことでいいのかなあ?

と疑問を抱き、今までの仕事で培った知識・経験をまとめてみることにしました。 アカデミックとは言えませんが、できるだけ実際に設備を設計・運転・保守管理する方々の手助けになるような内容を紹介していきたいと思います。 お好きなところからお読みください。

(右側のインデックスから自由にアクセスできますが、全体を見たいのであればサイトマップをご覧ください)

質問・ご意見も、お気軽にどうぞ。  原則、無料です。
又、技術コンサルタントを開業しております。 アドバイス、設計協力その他のお引き合いも歓迎します。 (商社経由で機器紹介もいたします)
お断り:
1)硫酸や硫酸設備についての基本的な知識をお持ちの方が対象です。
2)設計用の数値などで、知的所有権に抵触すると思われる部分は省略させていただきます。
  それ故、定性的な表現になっている個所がありますことをお許しください。
3)出来る限り正確を心がけてはおりますが、私の知識と実際の経験が主体ですので、
  最新・無謬の情報であることは保証できません。
免責:
当サイトは、あくまでもボランティアで皆様の参考として作成したものです。
皆様が当サイトの情報を無償利用したことにより生じた結果につきましては、私は一切責任を持ちませんことをあらかじめお断りします。
蛇足: ちょっと一言

What's new?
 
 *'12/12/7 「FAQ」に「硫黄ポンプ及び硫黄流量計のメーカー」を追加。
         「関連技術」の「排煙脱硝」を一部修正追記。
 *'12/12/5 「FAQ」に「除害塔での硫酸塩副生を減らす方法」を追加。 
         又、その他の項目の内容を一部手直し。
 *'12/11/14 「FAQ」に「ミストコットレルの代用」「転化器回りフランジを溶接するわけ」を追加。
 *'12/11/9 「プロフィール」に現況を追記。 「関連技術」に「肥料」を追加。
Index
ホーム
概論

製造プロセス
設備新設
増強・改造
機器更新
メンテナンス
運転
各種硫酸製造法
耐食材料
物性データ
計算
安全

プラント建設体験
関連技術
資料

ご質問・意見・お引合い
良くある質問(FAQ)
リンク


ちょっと一言
  関連サイト: パーツトレード
 プロフィール  サイトマップ  プライバシーポリシー  更新履歴  ちょっと一言
 リンクフリーです。 内容の転載につきましてはご一報ください。  All rights reserved to Tsunetomi Ono.