硫酸技術   by T.Ono
 トラブル事例-6
 
15.着色硫酸
硫酸の着色の原因は様々です。

1)白濁
  定期修理の後のスタート時には、しばしば硫酸が白濁します。 これはポンプタンク内
  の硫酸鉄化合物などが循環開始時に巻き上げられることによります。 通常は数日内、
  早ければ2,3日で透明になります。
  長期にわたって改善しないときは、外部からの原因を調査しましょう。
2)茶褐色
  これは、概ね有機物が原因です。 硫酸にて脱水されてカーボンの黒い色が現れます。
  塔周りで使用されているガスケットその他から、塗料その他の有機物が硫酸中に入る
  のが一番多いケースです。
  冶金式の設備で、地震の揺れで湿式電気集塵機の絶縁油がこぼれてガスと共に塔に
  入った事もありました。
  とにかく、茶褐色になったら、「有機物がやってくる可能性」を探しましょう。
3)ピンク色
  硫酸中に硝酸根が混入して、ピンク色に着色したことがありました。 この時は製品に
  混ぜていた回収硫酸中に微量の硝酸根が残っていたことが原因でした。
ホーム
概論
製造プロセス
設備新設
増強・改造
機器更新
メンテナンス
運転
各種硫酸製造法
耐食材料
物性データ
計算
安全
トラブル事例


プラント建設体験
関連技術
資料
ご質問・お引合い
良くある質問(FAQ)
リンク

ちょっと一言
  関連サイト: パーツトレード
 プロフィール  サイトマップ  プライバシーポリシー  更新履歴
 リンクフリーです。 内容の転載につきましてはご一報ください。  All rights reserved to Tsunetomi Ono.